家付き土地を買って建て替えをするときの注意

注文住宅を建てる時、最も良いのはすでに更地になっている土地を購入することでしょう。
後は基礎を作って建物を建てるだけです。
しかし、土地の売り方としては建物を残したままの売却があります。
どんな建物かはそれぞれの物件で異なりますが、通常は建物は10数年で価値がなくなるとされています。
この時、まず土地代があり、さらに建物を取り壊したり廃材を処分したりしないといけません。
そのことから、売却代金には現在ある建物の処分のための費用が考慮されています。
土地が1千万円で処分に百万円かかりそうなら、差額の900万円で売り出されるはずです。
それで納得をして購入する必要がります。
しかし、物件によってはそれ以外にもいろいろとコストがかかる可能性があります。
建物を取り壊したり廃材の処分をした後にも問題が出てきて、それらを解決するために費用が掛かるときがあります。
その時には問題点に関する重説があったのかなどを確認しましょう。
なければ損害賠償を求められるかもしれません。