中古マンションの結露がひどい時

住宅において起きる問題として結露があります。
冬に置きやすく、外気と室内の温度差が大きくなると、窓の内側に水がたまりやすくなります。
ひどくなると水浸しになることもあるので、対策を行わないといけません。
新築マンションなどはコンクリートが完全に乾いていないので、どうしても結露が起きやすいとされています。
もし中古のマンションで結露が発生した時、それに対する内容の話が事前に行われていないときはどうなるかです。
瑕疵担保責任を問うことができれば、損害賠償を請求できます。
結露に関してはいろいろな問題がります。
それが物件そのものの固有の問題であれば、使える可能性があります。
しかし、住宅の使い方などにもよるなら、必ずしも損害賠償責任を問うことはできません。
まずは結露の原因をきちんと解明する必要があります。
業者などに依頼をして、何が原因で結露が発生しているのかを確認してもらいましょう。
そのうえでできる措置があるなら行います。
ひどくなると物件の価値がどんどん減ります。