下水道設置時に浄化槽を取り外さないとき

トイレの仕組みとして、今は下水施設を利用するのが一般的です。
しかし、かつては汲み取り式が一般的でした。
その他、下水道がないところでは浄化槽を設け、水栓トイレとして使えるようにしている家もあります。
汲み取り式や浄化槽を利用した物件は、土の下にそのための設備を埋めています。
新たに住宅を建てることになり、これまでの浄化槽式に変わって下水道式に変更するとき、浄化槽を取り外さずにそのままにしているとどうなるかです。
下水道を設置していなければおそらく使っていたでしょうが、下水道を使うようになれば不要物になります。
そのままにしておいても問題がないかです。
土地の下に不要物が埋まっている状態は、瑕疵がある状態になる可能性があります。
ですから、建て替えをするときに取り除くための工事をした方がいいかもしれません。
住宅としてそのまま使えればいいわけではなく、正常に使える必要があります。
なくていいものがある状態はあまりよくありません。

賃貸 リフォーム
eimsにお任せください